• ホーム
  • 低用量ピルの飲み方|21錠タイプと28錠タイプはどう違うの?

低用量ピルの飲み方|21錠タイプと28錠タイプはどう違うの?

薬を飲んでいる女性性

低用量ピルについてはいくつかのタイプがありますが、多くは21錠タイプと28錠タイプがあります。この二つはどう違うのかというと、それぞれの癖によって考えた方がいいでしょう。

まず、基本的に避妊効果については21錠タイプも28錠タイプも変わりありません。このため、どちらが良いかとかどういう薬の種類なのか、という事については違いはあるものの、避妊効果については変わりはありません。このため、どちらがいいかはそれぞれのタイプごとに違います。

21錠タイプの場合、シートの中に錠剤が21錠入っています。これを毎日1錠ずつ飲みますが、7日間休薬期間というお薬を飲まない期間を設けます。こうすることによってその期間に月経が訪れますし、その休薬期間が終わればまた低用量ピルの次のシートを飲み始めることで、避妊効果は続きます。

一方、28錠タイプの場合は低用量ピルがシートの中に28錠入っています。これを毎日1錠ずつ飲むという飲み方は一緒なのですが、こちらには休薬期間がありません。このため、お薬を飲まない期間は無く、毎日薬を飲みつつづけることになります。実は28錠タイプの場合はその中に偽薬と呼ばれるホルモンが入っていないお薬があり、偽薬を飲む間に生理が訪れるのです。

なぜ28錠タイプは偽薬があるのかというと、その期間は低用量ピルに含まれる女性ホルモンの投与を防ぎ、その期間に月経を起こすのです。また、実際は月経を起こすと想定された期間は薬を飲む必要はありませんが、休薬期間に薬を飲む習慣が無くなってしまうと低用量ピルを飲まなくなるかもしれません。せっかくできた習慣を休薬期間によって乱してしまったり、ペースを崩してしまうのはもったいないので、その期間でもとりあえず飲む習慣を続けるために薬がセットされている点もあります。

このため、28錠タイプは初心者や低用量ピルを飲む習慣がない人、また飲む習慣を癖づけたい人向けとなっています。一方、ある程度慣れたり薬の費用を安く抑えたい人には21錠タイプが良いという意見もあります。錠剤の数が少なくなる分、やはり費用の負担は減るのです。

とはいえ、やはり最初に低用量ピルでの避妊を希望するなら、それなりの習慣をつけた方がいいでしょう。基本的に同じ薬ならば含まれるホルモンの量などに極端な違いはありませんし、効果も変わりません。初心者や飲み方を癖づけたい人にはまず28錠タイプから始め、その後に調子が良ければ同じ薬の21錠タイプに切り替えて節約するのも方法です。
ちなみにピルによって休薬期間や偽薬の日数などは違いますので、その点は気をつけてください。

関連記事
経口避妊薬トリキュラーの副作用|症状や対処法を知って上手に利用 2020年06月04日

トリキュラーは経口避妊薬という名目で、低用量ピルの中でもかなり有名な薬です。服用されている人も多く、長期服用しても副作用が少ないとされているのです。とはいえ、まったく副作用が無いかというとそうでもありません。いくつかの副作用については注意し、もしひどい場合や症状が耐えられないような場合は、トリキュラ...

アフターピルによる緊急避妊方法|飲むタイミングや避妊のメカニズム 2020年07月07日

ピルの中には毎日飲む低用量ピルもありますが、緊急避妊方法という方法で、モーニングアフターピルというのもあります。実はこれは不本意な性交渉や避妊に失敗した時に飲む薬で、妊娠を防ぐ薬です。普段からピルを飲んでいない人でも服用できますし、妊娠を防ぐ事が出来る薬となっています。アフターピルは、毎日飲む低用量...

ピルは通販の買い置き推奨!もらい忘れや買い忘れを防いで効果を持続 2020年06月22日

ピルについてはいくつかの入手方法がありますが、その一つに実は通販がある、という事はご存知でしょうか。実はこの通販という方法を使う人が、最近増えているのです。通販の一番のメリットは、同じ薬がまとめ買いできるという事でしょう。というのもピルは処方してもらう時に何シート貰えるかを指定することはできない場合...

トリキュラーは飲み始めて何日で避妊効果が出る? 2020年05月15日

低用量ピルの中でも有名な薬のひとつに、トリキュラーという薬があります。これは有名な低用量ピルの一種で、毎日欠かさず飲む薬となっています。21錠タイプと28錠タイプがありますが、どちらも効果に大きな違いはありません。トリキュラーの最も大きな効果はやはり避妊効果です。この避妊効果ですが、飲み始めてからど...

低用量ピルを長期服用するメリットとデメリット! 2020年04月14日

低用量ピルについては様々な意見があり、まだ研究途中の面も少なくありません。とはいえ、望まない妊娠をしないようにするための自衛方法として女性に人気があり、そのほかの様々な効果を期待して飲む人も少なくない傾向があります。この低用量ピルについては、いくつかのメリットとデメリットがあります。それぞれどういう...